FC2ブログ
日々この身に降り掛かるあんな事やこんな事。 出て来る動物は・・・パンダ<犬<馬<ヒト。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
大熊猫
2009-02-01 Sun 20:36
ぶちょさんも揚巻も“鹿”に囲まれているようですが・・・
ワタクシは相変わらずパンダまみれ。

ワタクシのいうパンダとは大熊猫ジャイアントパンダのこと。

昨年4月に永眠した陵陵リンリンが剥製になった。
まぁ、珍しくない。だって蘭蘭+康康も剥製になって多摩ZOOにいるもん。
けど上野にいた、即ち日本国籍を持っていたパンダの剥製が集うからには行かない訳にはいかない。

2008年12月23日。
中華民国に中華人民共和国からパンダが贈られた日。
日本は天皇誕生日。
切支丹にとってはクリスマスイヴイヴ。
朝っぱら・・・いや午後からのぺ~~っと出掛けた。
そうだ、朝は「ポーラーエクスプレス」のDVDを観て大泣きしてたんだ。

上野。
陵陵が他界してからも年パスが半年くらい残ってからチョイチョイ行ってはいた。
しかし、この日の上野はZOOではなく科学博物館。
超→文系なので科学なんてものは忍者隊のガッチャマンくらいしか御縁がない。
が、パンダがいるならhave to go☆

入場料600円。お財布に優しい☆
案内がまるで行き届いておらずどこだかわからない。
日本語で書いといてくれないとさぁ~。
フガフガしながら辿り着いた先に
081223panda1.jpg
陵陵リンリンです。

日本のパンダの原点
081223panda2.jpg
蘭欄ランラン

081223panda3.jpg
康康カンカン
そして
081223panda4.jpg
with me

パンダ来日は1972年9月です。沖縄が日本に戻った年です。
ワタクシは1歳です。まるで記憶にございませんが、行ってるはずです。
田舎者ではありますが、母親が動物ミーハーなので行ってないはずが無い。
コアラとかビーバーとかもコドモをダシにして速攻行ったようだし。
しかし申し訳ない事に、コドモの頃の事はあまり覚えてないんですけどね・・・

幼少期の写真はパンダを抱えて写っており、
描いたパンダの絵(mixiのtop写真)はまだ実家に飾ってある。
基本的にパンダが好きな事は紛れも無い事実である。

081223panda5.jpg
コチラは飛飛フェイフェイ

081223panda6.jpg
歓歓ホァンホァン

童童トントンの写真は・・・どっかにある・・・。

そして
081223panda7.jpg
初初チュチュです。生後2日で亡くなってしまった歓歓と飛飛のコ。

それからさすが科学!!
081223panda8.jpg
蘭欄の骨格だってさ。
このコーナーは期間展示。もぅ変わってると思う。

お宝映像なんぞも最前列で観て、ゆったりパンダを堪能。


で、せっかくなので科学に触れていこう!と一通り見て歩く。

日本古来の植物コーナーでトリカブトを発見☆
いや、だれも殺めようとは思いませんから・・・

日本古来の動物コーナーでパギーにくりそつなアザラシに釘付け。
やっぱり、アイツは犬ではない。

日本古来の民族コーナーでは弥生縄文とかとかとか。
何となく誰かに似てる!的な顔立ちだっりして。
最後に現代人の写真撮って笑ってたらその背後に・・・

なんだ、この気配・・・

なんとまぁ、ミイラでした。
半端なくリアルな・・・
いや、本物のミイラです。
江戸時代の女性のミイラです。
ミイラと呼ぶのも失礼なので“お江戸さん”と呼ぼう。

わりと最近、平成になってから発掘されたようですが、
とても保存状態が良く、良過ぎて面影がはっきりわかる。
何処の何方かわかっちゃうでしょう・・・という事で御子孫の方への配慮し写真撮影一切禁止です。

NYのMETでもエジプトのミイラを見ましたが・・・
あちらは包帯グルグル巻きですし、本物かどうかよくわかりません。
お土産に棺とミイラ買っちゃったし。

けど・・・
お江戸さんのは、もぅなんていうか・・・衝撃的。
まつ毛もしっかり残ってる。とてもキレイなミイラさんです。
科学的に調べてお魚をよく食べていた事がわかっていると。
CGでその女性の動きを再現している。

スゴイ、スゴイです。
スゴイ!としか言えない程スゴイです。


パンダ剥製は4月まで公開されるし、
またじっくりお江戸さん見たいし、
なんたって600円だからまた行くよ!!!

出口に近づくと年パス1000円だとかなんとか・・・
マジかよ、先に言えよ。

081223panda9.jpg
PANDALOVE
スポンサーサイト
別窓 | What day!? | コメント:2 | トラックバック:0
<<如月 | What day!? | SHOCK>>
この記事のコメント
ちがうちがう
私は鹿にしか囲まれてませんが、ぶちょさんは馬と鹿に囲まれてるんですよ。
馬と鹿に。。。。


こんなことをさらっとやってのけるなんて、
さすがはぶちょさんだ。
2009-02-12 Thu 21:06 | URL | 揚巻 #-[ 内容変更]
☆揚巻
Ohhhhhh!
さすがだ。

ワタクシはその人間バージョンに囲まれてます・・・
2009-02-13 Fri 22:15 | URL | ぱんだ人 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| What day!? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。